カテゴリー別アーカイブ: 🚲💨 MOTRIPPER

himatsubu8888

🙇

落し物をしてしまった。よりによってバイクの鍵を。よりによって出先の名古屋の駅前で。昼過ぎに到着し用事を済ませた後、日が暮れるまでには大阪へとんぼ返りの予定。が、何度探しても鍵が出てこない。立ち寄った店舗も歩いたルートも限られていたし、滞在時間は述べ数時間。ともなれば、すぐに出てくるのではないかと高を括った。警察へ行き、駅構内の落し物を管理する詰所・利用した店舗やコンビニをすべて聞いて回った。道端に落ちたままなのではないかとも思い、隅々まで探す。日が暮れ始めても全く見当がつかないまま。最終的にバイクを置いたままマスターキーを取りに新幹線で大阪まで帰り、改めて名古屋へ向けて折り返す。そんな事を考え始めていた。その際にようやく事の重大さを感じているぐらいだから、お気楽の度を過ぎている。2時間程探した挙句、一息入れようと停車中のバイクから最も近いコンビニへ。レジで会計を済ませた際にダメ元で聞いてみると見慣れたバイクの鍵が。腰が抜けると思ったぐらい安堵と脱力感。灯台下暗しとはこの事だった。それにしても、拾って届けてくださった方に感謝。本当にありがとうございました。

himatsubu5553-1

🙌

1888年より生産の続くNAPA GLOVE。雨に強く、耐久性・柔軟性が伴う鹿革を使用したバイク乗り御用達アイテム。他社のグローブでは1年も経たず穴が空いてしまう事もある。ナパグローブの良さは、ステッチが強く、過度に擦れる箇所へはレザーを重ねた補強がされているところ&デザイン性の良さ。指の開閉部分もめっぽう強い。ローギアに入れ、次の信号までの間にクラッチを握る動作は少なく見積って5~6回。真夏を除き年間300日ぐらい手を通すともなれば、クラッチを握る箇所への負担は相当なものとなる。次の冬で丸4年。さすがに最近になって左中指がやられてきた。が、グローブを着用する度に『あぁ、まだまだいける』と思わせてくれるから頼り甲斐がある。

motripper-%e5%be%8c%e7%b7%a8

🚲 💨 MOTRIPPER 〜岡山県 備前焼を求めて・後編〜

MOTRIPPER in OKAYAMA のタイトルに反し、岡山県へ踏み入ることのなかった続編です。 続きを読む

motripper-in-okayama

🐙💨 MOTRIPPER 〜岡山県 備前焼を求めて〜

三回目のMOTRIPPER。今回の目的地は岡山県。パーマやカラーの待ち時間に提供しているコーヒーの器を求めて。いざ出陣!

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

ざっくりとしたルートを。大阪からR43で神戸方面へ走り、R2を経由し姫路バイパス〜岡山バイパスを疾走。途中で岡山ブルーラインへ乗り換えた先に目的地。といった感じ。MOTRIPPER 京都編や奈良編と同様に寄り道をしている分は端折っています。さてさて、どんな旅になるのやら。始まり始まり。 続きを読む

himatsubu5656-1

👋😉

1978年に誕生。一度は生産中止へ追い込まれるも当初の面影を崩さず時代に沿った形で再販がスタート。現在もなお、広範囲の世代に支持されるYAMAHA SR400。排ガス規制や騒音規制に伴う時代背景の中で消えてしまった名車が多い中、38年もの年月を掛けて今に残るスタイリングは不朽の名車と呼ばれる所以でもある。とまあ、そんなバイクに跨っていると、信号待ちだったり高速のサービスエリア内などで声を掛けてもらえる事が多い。大抵は自分と比べて一回りほど目上の方達だったりするから長年愛されるバイクなのだと実感する。つい先日の出来事、仕事を終えてバイクに跨ると海外旅行客なのか白人のご夫婦に呼び止められた。初めこそ道でも聞かれたかと思いエンジンを停止。ご主人がバイクを指差し最後に首を少し傾けた。上手く聞き取れなかったが、なんとなく車種名を答えるのが正解な気もした。すると、「ワォ!やっぱりSRなんだね!!なんてクールなんだ!!」みたいな事を。その場を後にする際も手を振り見送ってくださって、なんだかグローバルな感じだぜ、みたいな事を思った。それにしても、車種名を答える時に妙な英語風イントネーションになるのは何故なのか? YA ↗︎ MA ↑ Haaa〜 みたいな。

himatsubu83745 (1)

☕️

9月の定休日に予定している“MOTRIPPER in OKAYAMA”に向けて地図を眺めている。『ひまつぶしにどうぞ』のモチーフ・コーヒーカップは年始にゲストより頂戴した品。自分がコーヒー好きで焼き物にも興味があることを話し、ゲストのご出身が岡山県ということで備前焼をチョイスしてくださったそう。とても嬉しかった。それから自身の専用カップとして愛用するようになった。あまりに使い心地が良く“これはいつか店用にも調達したい”と思い、只今ルートを探索中。日帰りだからこそ時間のロスは避けなければならないはずが、“あっちも行ってみたい。こっちへも寄ってみたい”と気持ちばかり先行してしまう。どんな旅になるのだろう。地図を眺めながら飲むコーヒーは一段と美味しく感じるのでした。

MOTRIPPER2

🚲💨 MOTRIPPER 〜黒滝こんにゃくを求めて〜

今回は、奈良県・黒滝村へ。お手製こんにゃくと“よもぎまんじゅう”で有名な道の駅があるのだとか。二回目の🚲💨 MOTRIPPER はじまり、はじまり。

🚲30

ルートは至ってシンプル。国道309号線をひたすら下ります。道の駅も309沿いで迷う事もなさそう。今回は行き帰りが一本道のため、同じ順路を辿らないというローカルルールは不採用。 続きを読む

🚲💨 MOTRIPPER 〜有次の“おろし金”を求めて〜

ゲストと“長年愛用しているもの”というお題で“有次のおろし金”の話をうかがった。元は鍛冶屋、創業450年を越える京都の老舗。現在に至るまで包丁など調理器具全般の製作をおこなっている。製品の一つ一つを職人が手仕事で仕上げ、刃の研ぎやおろし金の目立ても店内でメンテナンスを施すという。“職人の手仕事・一生モノ・おろし金ですりおとす大根が旨い”この話を聞き、興味が湧かないわけがない。定休日にさっそく京都へ。本日より新しいカテゴリー🚲💨 MOTRIPPER(moto + tripper)はじまり、はじまり。

MOTRIPPER sr

AM10:30 出発
現在の愛車YAMAHA SR400のエンジンをかける。インジェクションに切り替わって大幅に改善されているが、それでも冬はエンジンがかかりにくい。一発で思い通りに始動できると『可愛い奴め』となる。そもそもこの手のバイクには「エンジンかけにくいからイヤ」って声もある。確かにそうだけど、その反面とても味がある。一旦キックのコツが掴めると更に愛着も湧く。ケッチン(エンジン始動の際、踏み込みに失敗するとキックレバーが鬼のような勢いで足へ跳ね返ってくる)したら足への多大なダメージを覚悟しないといけない。どうしてもエンジンがかからない時は押し掛けを余儀なくされるが、汗だくになるぐらい身体を温めてくれる。とにかく『チッ、可愛い奴め』となる。

mot

AM11:10
職場で用があり済ませると京都までのルートを考えた。実は“行き帰りではルートを変えなければならない”という自分だけのローカルルールがあって、半年前に地道一本で大阪〜広島へ行った時なんかは苦行に 続きを読む