✂︎ Ep-120

『ご要望は?』「アンニュイな感じで」『出たっ!』そんなやりとりから始まった。ヘアモデルの写真や画像を視認しながらのカウンセリングというケースもあれば、抽象的なイメージだけのやりとりも少なくない。その場合、量産的なヘアースタイルでないからこそ言葉の端々から何を感じ取れるかが肝となる。普段から朗らかで明るい印象がある同様のゲストから「錆びれた雰囲気のカラー」「根暗な感じ」などネガティブな要素を含むフレーズが飛び出した時は真意が分からず、それとなくうかがうと「ヘアースタイルでどれぐらい遊べるのかと思って」と。合点がつき、その遊びに大いに乗っかろうとハサミの持ち方や切り口を変えた。きっと、ヘアースタイルってゲストと共に作っていくものだと思う。