💇

スタイリストになる為のレッスンには様々なシミュレーションがあって、一人のゲストにつき“ショート・ミディアム・ロングスタイル”の異なったレングスを瞬時にイメージするというものがあった。どのようなスタイルがフィットし、ゲストに似合うのか。街を歩いている時でも、電車に揺られている時でも、TVを見ている時でも。これを繰り返すことで少しずつ目を養っていく。異なるレングスをイメージできるようになると、次はカット以外の手法・パーマやカラーを加えたスタイル展開をイメージしてみる。毛先に動きをつける事でスタイルにどのような変化が現れるか、カラーリングの明度と彩度のコントロールで髪のツヤ感や印象がどう変わるか。もうここまでくるとスタイルは無限大。あとはひたすら手を動かし、自分の武器にするだけ。