20160618_002

✌️

年に数回カット中に指を切ってしまうことがある。ハサミの先端が軽く触れただけで、後に残るような傷ではない。アシスタントからスタイリストへと昇格するため、カットの練習へと移行したての時とは比にならない。医療用の接着剤のお世話になった経験のある美容師もいるかと。とにかく、美容界では指は切って当然とされる。“される”というのは、切らないことが望ましいはずが、ハサミを怖がっていない証として逆に賞賛される事が多い。それを証拠に指を切った事で責められたり叱られたりした記憶がない。寧ろ、スタッフからメッセージ付きの絆創膏をもらったり。指を切った回数だけ技術が上手くなる保証はない。ただ、それだけハサミを握っているのだと胸を張りたい。