✂︎ Ep-110

『琉球ガラスの職人になりたくて』そう話す彼女に過去の自分自身を投影したのか、ご家族が来店なさる度に「こっちに帰って来られましたか?」と。ご家族へも余程の事がなければ連絡が無いのだとか。“連絡が無いのは元気な証拠”とご家族。寂しさのあまり最初のGWには帰省をしていた自分が彼女に対して“同じ境遇”とはまったくどの口が言えたものか。この一年の間に彼女の顔を見ることはなく、作品と一緒に帰省された際は表情の変化に驚いてしまった。『お土産です』と彼女自身が作ってくれた“ぐい呑”もno217オリジナルグラスも絶賛活躍中。