☕️

先日ゲストから美容室での顔そりはなぜできないのか?美容室でも顔そりしてるとこあったりしない?という質問があった。実は“よくある質問”の中でも上位に入るのが“顔そり“について。単純に理容師法でカミソリを使った顔そり等の施術が認可されていて、美容師にはその認可がおりていない。(補足:理容師免許の取得者であっても美容所登録での美容室内では顔そりどころか業務そのものも行えない)当然、美容師がカミソリを使用し、顔そり等の施術を行えば罰せられるわけだが、美容師法のなかに顔そりについて曖昧な記述もある。『化粧に附随した軽い程度の「顔そり」は化粧の一部として美容師がこれを行ってもさしつかえない』と。ここに難がある。独立したメニューとして顔そりを行うことはできないのだが、対価が伴わないとした範囲内で“メイクの邪魔になるから少しだけ(部分的に)顔そりしておきますね”は概ね可能と捉えらえることができてしまう。この部分の解釈を逆手にとり“顔そり風”をおこなう美容室があるのだとしたら、“法”自体を曖昧にしなければならない所為とはなんなのだろう。《美容室で男性客の“カットのみ”をおこなっても良いのか?》という議論について、正式に改定法の通知が届いたが、カミソリについての定義に言及される日は来るのであろうか。