備忘録

朝の一件が気になり、ブログを書く際の注意点を自分なりに調べて纏めました。長いので途中で頁を設けます。

〜ブログを書く際の注意点〜
・フリー画像について
・写り込み、被写体の権利
・引用について
・リンクについて
・動画のエンベット(貼り付け)
・歌詞について

【フリー画像について】
写真やイラストなど画像には著作権がある。著作権者の許諾が無い場合は原則として使用できない。商用利用可能でクレジットが不要なフリー画像を集めた画像集サイトにおいては、そのサイトごとの規約に従う。

【写り込み、被写体の権利】
画像自体の権利とは別に、パブリシティ権・プライバシー権など写真内の被写体へも権利が存在している。フリー画像集においてもモデルの許諾の有無を確認する。また、人物に限らず被写体そのものが著作物であった場合にも著作物の権利者へ許諾が必要となる。

【引用について】
全ての画像や文章など、コンテンツには著作権が存在する。そのため許可なく利用ができないのが原則。ただし、法が認めた例外として、“公表された著作物であること・その引用が公正な慣行に合致すること・報道、批評、研究等の引用目的上で正当な範囲であること”この3つを著作権侵害とせずに引用に当たる利用方法とする、と認められている。

【リンクについて】
リンクを貼ることで著作権を侵害することはない。ただし、児童ポルノ動画や明確に著作権侵害と判別できる違法アップロード動画へのリンクは違法行為への幇助(ほうじょ)とし、法的責任の対象として問われる。

【動画のエンベット】
youtube貼り付けをエンベットと呼び、ブログのサイト自体で動画を再生することができる。エンベットそのものに著作権上の問題は存在しない。ただし、明確な違法コンテンツであれば、上記の“リンクについて”と同様、違法行為への幇助とならないよう注意が必要。

【歌詞について】
利用者に代わって包括ライセンスを受けているブログサービス内での記載については問題ない。それ以外のブログサービスを利用している場合は引用の範囲として、歌詞の全文や大部分を許可なく記載しないものとする。怠った場合は著作権侵害の対象。

以上。

要するに、“勝手に”ってのが良くないわけですね。当たり前…というか、自分がされて嫌な事は止めましょう的な。実際に面識がある方へは打診できるとして、面識が無いケースや“周りがしてるから大丈夫”みたいな思考は要注意だと感じました。「子供と一緒に楽しめるコンテンツを目指す」を謳った先輩ブロガーも見受けられました。法やそれに則ったルール・マナーは時代とともに変化してしまうものでもあるゆえに、その都度適切な記事であるかの自問を心がけたいものです。

執拗ですが、上記はブログの書き方について法的観点から指摘の多い事項・共通の示唆を元とし、筆者が独自で作成したものです。法的処置については投稿当時のみ有効なものとし、永年に渡り継続されるとも限りません。